• TOP
  • ブログ
  • CM STUDIO 導入事例|動画を使ったプラットフォーム価値向上

CM STUDIO 導入事例|動画を使ったプラットフォーム価値向上

2019年06月05日

 

動画制作の専門知識やノウハウがなくても、誰でも簡単にビジネス向けの動画を作ることができる『CM STUDIO』。

『CM STUDIO』をご利用いただいた導入企業様のインタビューを、不定期でご紹介させていただきます。
今回インタビューさせていただいたのは、株式会社スペースマーケット様。
株式会社スペースマーケット様は、あらゆるスペースを1時間単位で貸し借りできるWebサービス「スペースマーケット」を運営されています。

「スペースマーケット」に掲載されるレンタルスペースの詳細情報ページに動画を活用することで、サイトに訪れる利用者の予約数を拡大する=成約率向上への取り組みを開始された株式会社スペースマーケット様に、『CM STUDIO』導入の目的や使用感、今後の展望などをお伺いしました。

「スペースマーケット」について

「スペースマーケット」では、全国10,000以上のスペースの中から、ホームパーティ・ママ会・オフ会などの個人利用や、会議・研修・セミナーなどのイベント、商品・ロケ撮影といったビジネス用途まで、適した会場を簡単に予約することが可能です。
法人利用者様向けには、請求書払いや会場探しサポートなどのサービスも提供しています。

⇒「スペースマーケット」Webサイトはこちら

▼今回お話を伺った、株式会社スペースマーケット ビジネス開発推進部 中村友哉氏

動画制作サービス導入の目的

スペースを貸す“ホスト”と、スペースを借りる“ゲスト”をいかにスピーディで適切にマッチングするか?が、「スペースマーケット」が提供するプラットフォームサービスの重要指標のひとつであり、そのために掲載する情報の最適化が課題でした。

会場アクセスや設置機材などのスペックはテキスト情報で充分伝わるとして、実際に現地を視察してみないとわかりにくい“人々が入った時のスペース感覚”や“空間の質感”などは、中々上手く伝えきれず、それによる機会損失も生じていました。

その現地の雰囲気をどうすれば最適に表現できるか、そこで思い至ったのが動画コンテンツの掲載です。
動画を活用することで、情報量を格段に向上させ機会損失を削減できるのはもちろん、それによってゲストがより満足度の高いイベントを開催できるのではないかと考えました。


『CM STUDIO』を選定した理由

いちばんのポイントは、UI/UXが優れていたこと。
動画の制作から掲載までの作業は、ホストが自ら行うこととして導入を検討していたため、動画制作に不慣れなホストでも、簡単に動画制作ができるサービスでなければ現実的ではありません。
そのため、UI/UXはとても重要な選定基準でした。

実際に『CM STUDIO』を利用いただいたホストから「使いやすい!」「簡単!」という評価があったことで、まず1つのハードルを越えられたと考えています。

▼直感的に操作しやすい『CM STUDIO』編集画面

『CM STUDIO』導入の効果

目的がサイトへのアクセス数の増加だけではなく、成約率の向上としているため、成果は長いスパンであらわれてくると思っています。

能動的にくまなく情報を見に来るゲストは少数なので、テキストと写真だけでは、やはり読み飛ばしを防ぐことができません。
これに比べ、動画は閲覧者が受動的に見ているだけで伝えたい情報が伝わるため、結果的にゲストはスペースへの理解度が高まった状態で問い合わせするようになるのではないでしょうか。

理解度が高まった状態で、さらに踏み込んだ質問だけするゲストが増えれば、自然と成約率は向上するだろうと期待しています。

▼レンタルスペース紹介動画を掲載した詳細ページ


動画制作例:株式会社あどばる様「EBISU SHOW ROOM」

⇒スペースマーケット「EBISU SHOW ROOM」詳細ページはこちら


動画制作例:株式会社ヒトカラメディア様「新宿ワープ1Fイベントスペース」

⇒スペースマーケット「新宿ワープ1Fイベントスペース」詳細ページはこちら

『CM STUDIO』に期待すること

弊社が抱えている課題のひとつは、スペースによって、写真のクオリティにかなり差が出るという点があります。
例えば、効果的な写真の撮り方レクチャーや、撮影代行オプションなど、動画制作の前工程をサポートするようなサービスやコンテンツがあると、もっと魅力が伝わる動画を制作できるのではと思っています。
そのようなサポートコンテンツを是非充実していただきたいです。


これからの動画活用の展望

動画を活用することでスペースの魅力をゲストに伝えられ、それによってゲストの情報不足を解消するという目標はクリアできそうな気がしています。

今後は、動画を活用するホスト数を拡大することに取り組んでいくことはもちろん、サイト上での動画の露出場所等も含め、実験的に試していきたいと思っています。

まとめ

以上の通り、株式会社スペースマーケット様は、動画を使った成約率向上への取り組みのため『CM STUDIO』を導入されました。
伝達できる情報量が膨大な動画ならではの特性が、「スペースマーケット」が扱う空間情報というコンテンツと親和性が高かったことが、上手く活用いただけた要因ではないでしょうか。

これからも、『CM STUDIO』を通した動画活用事例を発信させていただきます!

動画制作が変わる!?『CM STUDIO』徹底紹介!

CM STUDIOは、動画制作の専門知識やノウハウがなくても、誰でも簡単にビジネス向けの動画を作ることができるクラウドサービスです。 動画サービスを長年手掛けてきた弊社スプラシアが、これまでの知見を活...

前の記事へ 一覧を見る 次の記事へ