お問い合わせ

アプリ新サービス立ち上げを最適サポート

「sprasiaSTUDIO」は、新規サービス立ち上げ、業務改善システムの導入において必要なWebシステム,マルチメディアシステムおよびモバイルアプリケーション等の開発・管理・運用を行う機能をオールインワンでご用意しています。
お客様の事業課題にあわせ柔軟にカスタマイズすることでBtoB、BtoC、社内向けなどの様々なシーンにてご利用いただけます。
豊富な既存ライブラリを組み合わせ実装するため、低価格、短期間で市場へのサービスリリースが可能です。
スプラシアが提供するマーケテイングツールや既に導入済みの既存ツール、データベースと組み合わせてご利用頂くことでさらなるパフォーマンスを発揮いたします。

「sprasiaSTUDIO」が選ばれる3つの理由

近年の素早い市場変化、複雑化するユーザー動線に合わせた、マルチデバイス対応やシステム連携など優れたカスタマイズ性が魅力

①優れたカスタマイズ性

近年の素早い市場変化、複雑化するユーザー環境に柔軟に対応し続けたプラットフォームならではの、優れたカスタマイズ性が特徴です。リリースから育成までビジネスサイズに寄り添い、変化・拡張する柔軟なプラットフォームです。

②簡単システム連携

クラウドサービスをはじめとする多様なITインフラ連携。IoT・AIなどの先端技術を利用したビッグデータ活用など企業のデジタル戦略を実現するシステム連携が可能な開発プラットフォームです。

③マルチデバイス・クロスプラットフォーム対応

オンライン・オフライン、社内・社外向けなどデバイスやプラットフォームに制限されずにデジタル戦略を実現できる開発プラットフォームです。デジタルサイネージ・スマートデバイスからロボットまで幅広く柔軟に対応しています。

sprasiaSTUDIO 基本機能

「sprasiaSTUDIO」は、6つの基本機能とアプリケーションライブラリで構成されています。これらの機能をベースにカスタマイズすることで、様々なサービスを構築することが可能です。

①ユーザー管理

会員や管理アカウント等の管理が可能。

  • 会員登録システム
  • ユーザー情報管理(グループへの追加等)
  • スタッフ会員機能
  • 親子アカウント管理
  • アカウント別利用権限の付与

②コンテンツ制作

様々なコンテンツの作成が可能。

  • 簡単動画編集アプリケーション
  • タッチコンテンツ作成アプリケーション
  • サイネージ番組作成アプリケーション
  • 多言語メニューアプリケーション(自動翻訳機能)

③配信機能

地域・デバイスに限定せずコンテンツ配信が可能。

  • 映像、タッチコンテンツ、PDFの配信
  • 時間単位/分単位での配信時間割設定
  • 指定日配信、期間指定配信
  • 端末管理
  • オフライン利用

④素材管理

素材のアップロードや管理が可能。

  • アップロード
  • 静止画、 動画、PDF
  • Webページ、 SWF
  • 端末管理
  • 自社開発CMS機能

⑤検閲機能

検閲・承認管理が可能。

  • 検閲申請機能
  • 申請されたコンテンツの確認
  • 検閲済みコンテンツの配信

⑥アクセスログ

各種ログ取得が可能。

  • アクセスログ機能
  • グラフの表示
  • CSV出力
  • タッチログ取得機能

sprasiaSTUDIO 導入事例

多様なビジネスシーンに合わせて、最適なソリューションとして導入頂いております。

ロボット向けコンテンツ配信ソリューション
クライアント:ロボット開発会社様

マスコット型ロボットのクラウドモデルリリースに際して、コンテンツ制作・配信プラットフォームとして採用頂きました。開発着手からわずか3カ月の短期間でのサービス提供開始を実現しています。

多言語対応広告配信ソリューション
クライアント:通信インフラ提供会社様

フリーWi-Fiサービスにて採用頂きました。インバウンド需要に対し、訪日外国人観光客を対象としたリアル店舗向けの広告配信ネットワークを構築。英語・中国語・韓国語・タイ語・スペイン語などの言語別広告素材と遷移先URLを登録し、配信先を選択するだけで、利用者が閲覧する言語に合わせた広告の出稿が実現しています。

動画広告制作・配信ソリューション
クライアント:ITサービス提供会社様

情報プラットフォームサイトにて採用頂きました。スプラシアが提供するマーケティングツールである「CocoMovie」で制作・編集した動画広告コンテンツをクラウドで管理。審査および配信管理を実施。全国の営業ご担当者様が動画広告の制作から入稿まで行うことができるサービスとして、ご利用頂いております。

【その他の開発実績(順不同)】

KDDI株式会社様、ネスレ日本株式会社様、株式会社ビー・ユー・ジーSST様、株式会社アド・ダイセン様、日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社様、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント様、株市会社光通信様、株式会社ノイマン様、株式会社ソルクシーズ様、NTTタウンページ株式会社様、NTT印刷株式会社様、ソフトバンク・テクノロジー株式会社様、株式会社impactTV様、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス様、株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン様、Deckers Japan合同会社様 ほか

内容をご確認のうえ送信してください。

お問い合わせ

名前 必須
社名 必須
TEL 必須
E-MAIL 必須
問い合わせ項目
問い合わせ内容

Bitnami