• TOP
  • 導入事例
  • 海外を巻き込んだ大型セミナー・カンファレンスのプロデュース

海外を巻き込んだ大型セミナー・カンファレンスのプロデュース

複数の大手企業、省庁のPJメンバーから成る実行委員会

事例概要

100年に一度といわれるパンデミックによって生活様式が大きく変わり、世界中で大変革が求められている現状を受け、複数の大手企業・省庁が手を組み、大型のカンファレンスイベントを開催。

財界人や著名人、各方面で活躍する有識者を国内外から多数招き、2日間に渡って50本以上のセッションや、ワークショップ、ベンチャー企業のプレゼンテーション、DJパフォーマンス等をライブ配信。配信コンテンツ数が多かったため、使用したTrack数は14に上り、同時通訳機能も備えました。

来場者の参加登録はEventregistを活用し、有料にも対応、また、講演者の発言に対してリアルタイムに感情や反応を表すことのできる”Like”機能に加え、参加者同士のビジネスライクな出会いを生むマッチング支援ツールの導入も実施。従来のカンファレンスとは大きく異なる革新的なイベントの実現に貢献。

チャットやリアルタイムの感情表現機能を通じて、講演者と参加者間で行われる双方向のコミュニケーションがイベントを大いに盛り上げました。

セミスクラッチ開発のEXPOLINEだから実現できる、様々な機能を含めた体験価値の高いイベントの実施に貢献しました。

サイト機能

・Vimeoチャット
・動画視聴カウント
・Vimeoでのセッション配信(14Tracks)
・Zoomを使った世界各国とのワークショップ
・YouTube Liveを用いて、同時刻に行われた他イベントとの中継連携
・視聴者同士のマッチング
・Zoom上でのワークショップ
・EventRegistとEXPOLINEとの連携
                           など

機能紹介

マッチング機能

行動経済学の知見および参加者の行動ログに基づいて設計されたオンライン・ビジネスマッチングを導入しました。

参加者が視聴したコンテンツや、いいねを投稿した瞬間、事前に登録された情報などから相関の高いユーザーを導き出してリコメンド表示し、マッチングされた方には個別のZOOMへ招待、講演内容やお互いのビジネスについての意見交換をイベント内で行える仕組みとしました。

動画配信におけるインターネット環境の構築

動画配信を安定した環境で行える様、普段公共施設として一般利用される施設にネットワーク環境を新設しました。

現地調査を重ね、スピード/負荷テストを行ったり、予備回線の敷設などを含めネットワーク設計とその実行を行いました。オランダ、カナダ、オーストリアといった海外とのオンラインディスカッションや、同時刻に行われている他のイベントとのライブ配信連携など通常のオンラインイベントではあまり見られないネットワーク負荷の高いイベントでありましたが、事前の準備を周到に行った結果、配信トラブルを発生させることなく、イベントの成功を実現しました。

前の記事へ 一覧を見る 次の記事へ

併せて他の導入事例もご覧ください