2017/10/02

スプラシアとフライデーナイト、オフショア開発を活用したサービス・システム開発で連携

株式会社スプラシア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:原田 淳 以下「スプラシア」)は、クラウド型印刷プラットフォームを提供する株式会社フライデーナイト(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:長沼 耕平 以下「フライデーナイト」)と、オフショア開発を活用したサービス・システム開発でパートナー連携を開始いたしました。

スプラシアは、フィリピン・セブ島の開発パートナーと連携し、スタートアップからナショナルクライアントまで、数々のプロジェクトにおいてオフショア開発のサービスを提供しており、Webアプリ開発、Webシステム開発、iOS・Androidなどスマートフォンやタブレットアプリ開発など、幅広い開発実績を有しています。
フライデーナイトは、商業印刷とビジネスの新しい関係を構築するAPI型印刷クラウドサービス「Codenberg(コーデンベルク)」※1を提供しており、企業や個人が持つデータやシステムと、印刷工場の製造ラインとをダイレクトに接続し、次世代型の印刷プラットフォームを通して新たなイノベーションを生み出しています。

今回、フライデーナイトが手掛けるシステム開発においてスプラシアのオフショア開発を活用することで品質、スピード、開発力の強化を実現するとともに、これまでスプラシアが手掛けてきた業務用システム、販促用システム、動画CMS、受発注管理システムなど数々の技術資産とフライデーナイトの次世代型の印刷プラットフォームが連携し、両社の事業成長を加速させてまいります。
本アライアンスは、スプラシアが新規に立ち上げたスタートアップ支援サービス「One to Ten LAB」※2パートナーとして、2017年7月に出展したデロイトトーマツベンチャーサミット2017を通じてのアライアンスとなりました。スプラシアは、新たなイノベーションを生み出すスタートアップ企業や大手企業の新事業の支援を通じ、新たなイノベーション創出に貢献してまいります。

※1 「Codenberg(コーデンベルク)」は、柔軟な拡張性とエンタープライズ向けの信頼性を兼ね備えた
次世代型の印刷プラットフォームです。
詳細について:https://codenberg.io/

※2 「One to Ten LAB」は、スプラシアとグループ会社である株式会社博展とのサービスを組み合わせたスタートアップ企業向けのサービスです。
詳細について:https://www.hakuten.co.jp/contents/news/2017/1189176_1729.html

スプラシアでは、今後も日本国内のIT人材の不足に対応すべく、欲しい時に欲しいだけ、教育コストをかけずに優秀な技術や実績を有するリソースを、低価格でありながら高品質、といった開発ニーズを果たすオフショア開発をご提供してまいります。ご検討の方は、お問い合わせフォーム(https://www.sprasia.co.jp/inquiry/)よりお気軽にご相談ください。

Bitnami