2015/07/13

電子POPシェアNo.1の株式会社impactTVと共同ブランド『impactTV×sprasiaSTUDIO』の提供を開始します


ビジネス向けアプリケーションプラットフォーム『sprasiaSTUDIO』を提供する株式会社スプラシア(東京都港区、代表取締役社長:鷲津祥徳)と、電子POPシェアNo.1の株式会社impactTV(東京都港区、代表取締役社長:寒河江清人)は、共同のブランド『impactTV×sprasiaSTUDIO』にてサービス提供を開始します。

logo_impTVxSS

これにより、株式会社impactTVの主要マーケットである電子POP業界に、当社の強みである動画制作を中心とした販促用アプリケーションをワンストップソリューションとして提供することが可能になりました。

『impactTV×sprasiaSTUDIO』におけるサービスの第一弾として、誰でも簡単に店頭販促動画が作成できるサービス『CocoMovie(ココムービー)』の提供を開始します。

『CocoMovie』は、ビジネス向けアプリケーションプラットフォーム『sprasiaSTUDIO』上のサービスの1つで、販促やキャンペーン、イベントに特化した多数のテンプレートから動画が作成できるサービスです。テンプレートに沿って素材を選択するだけで、誰でも簡単かつ短時間でハイクオリティな販促動画を作成することができるため、これまでに100万件以上のプロモーション動画の制作にご利用いただいております。

cocomovie_steps
株式会社impactTVがNo.1のシェアを持つ電子POP業界では、季節やキャンペーン等に合わせて動画をタイムリーに更新する際、動画制作にかかるコストと時間がこれまで大きな負担となっていました。『impactTV×sprasiaSTUDIO』では『CocoMovie』を利用することで、動画内容の構成を考えることに時間を費やす必要がなく、自社で動画を制作することでこれらの課題を解決します。効果的な販促動画が安価にかつ短時間で作成できることで、更なる販促動画の利用促進へとつながり、電子POPを利用した動画での店頭プロモーションにおけるアイキャッチ効果の向上を目指します。

今後は、株式会社impactTVの様々なお客様のニーズに応え、業種別、目的別のテンプレートの拡充を予定しております。さらに、販促動画作成サービスに加え、デジタルサイネージアプリケーションやコンテンツ配信システムでの連携も視野に入れたサービスへと発展させることも検討しております。両社の強みを生かし、より効率的・効果的な店頭プロモーションのご提供に努めてまいります。

株式会社スプラシアでは、今後も様々な企業様に、高品質な動画制作・配信システムをご提供してまいります。お客様の独自サービスやキャンペーンとしてなど、ご希望にあわせてシステムを柔軟にカスタマイズすることも可能です。動画を用いたサービス・キャンペーン・プロモーションをご検討の方は、お問い合わせフォーム(https://www.sprasia.co.jp/inquiry/index.php)にてご連絡ください。

Bitnami