• TOP
  • 導入事例
  • 基幹システムと連携した申し込みフォームバックエンド開発

基幹システムと連携した申し込みフォームバックエンド開発

KDDI株式会社 様

東電ガス for au ランディングページ制作・申し込みフォームバックエンド開発

KDDIが推進するエネルギービジネス事業/ガス販売事業の一環として、「auでんき」チーム管轄のもと、「関電ガス for au」「中電ガス for au」とともに2019年2月にサービスインを迎えた「東電ガス for au」。

プロジェクト始動からローンチまで十分な期間確保が至らなかったことから、サイト上での販促コミュニケーションから、エリアごとの仕様の違いや基幹システムとの連携が複雑に絡み合う申し込みフォーム開発をワンストップで請け負えるアイアクトとスプラシアがプロジェクトに参画。
実質1ヶ月半という短い開発期間で、「東電ガス for au」のランディングページの公開と、WEB申し込みのサービスインを実現いたしました。

 

※当事例について、さらに詳しく知りたい方は下記ブログもご覧ください。

導入事例インタビュー|東電ガス for au ランディングページ制作・申し込みフォームバックエンド開発

■プロジェクト紹介 「東電ガス for au」は、KDDIが推進するエネルギービジネス事業/ガス販売事業の一環として、「auでんき」チーム管轄のもと、「関電ガス for au」「中電ガス for au…


機能テーブル

開発期間 1ヶ月半
担当領域 要件定義、設計、バックエンド開発、基幹システム連携開発、管理機能開発
デバイス PC、モバイル、タブレット
機能説明 ・フロントエンド:
 au IDでログイン認証後にauガスに申し込むフォームを実装
・管理機能
 申込情報の一覧やCSV出力する機能を実装

前の記事へ 一覧を見る