WORKS

スプラシアが提供しているサービスの事例を紹介しています。

アクセラレータプログラムでのチケット制ラボ開発の採用

TIS株式会社 様/株式会社ワイアードゲート 様

サービス| ラボ型システム開発

プロジェクト|スタートアップ企業のスマートインソールを活用した事業検証

TISが主催するアクセラレータプログラム「SPRING UP! for Sports」で採択された、スタートアップ企業の株式会社ワイアードゲートのスマートインソールARIONを活用した事業検証における開発支援にチケット制ラボ開発が採用されました。

株式会社ワイアードゲートが提供するIoTウェアラブルデバイス「スマートインソールARION」と、データ管理プラットフォームに保存される様々なバイタルデータを独自データベース上から閲覧できるようにし、可視化したデータを遠隔地の専門家(理学療法士など)が閲覧してコーチ/トレーナーにフィードバックし、コーチ/トレーナーがアスリートへアドバイスできるアプリケーション(iOS)のβ版を、TIS株式会社と株式会社ワイアードゲートと共に短期間で開発しました。
8週間で開発したモックを使用し、実証実験を実施。デモデイに向けたサービスの構築に貢献しました。

機能|

  • 撮影された選手の動画と一緒に、計測したバイタルデータをアプリ上で表示
  • 動画に対してのペイント及び音声の録画・録音

Previous

株式会社ファームシップ様

受発注システム開発

お問い合わせはこちら