• TOP
  • ブログ
  • こんなシーンでも使える!動画合成サービス『VIDEO GENERATOR』導入事例

こんなシーンでも使える!動画合成サービス『VIDEO GENERATOR』導入事例

2019年11月20日

 

お好きな写真などを合成した動画を自動生成できるウェブサービス『VIDEO GENERATOR』。
消費者向けのキャンペーンや、SNS拡散施策として採用いただくことが多い同サービスですが、アイデア次第で様々な方面に活用できます。

今回は、そんな『VIDEO GENERATOR』の新たな展開事例をご紹介させていただきます。

導入事例1:大型広告ビジョン合成動画の作成サービス

クライアント:株式会社ヒット 様|HIT VIRTUAL VISION

屋外ビジョンの広告出稿イメージ動画の作成サービスを、『VIDEO GENERATOR』をカスタマイズする形で提供しました。
出稿検討中の広告主が、出稿先となる大型広告ビジョンに任意の動画素材・静止画素材を仮想的にハメ込んだ、出稿イメージ動画を生成・ダウンロードする事ができるサービスです。

このサービスにより、広告主が出稿イメージをより具体的に把握できるようになります。合成動画をダウンロードする事もでき、社内上申にも活用いただける様になっています。

このように動画合成サービスは、BtoCだけではなく、BtoB向けとしても活用いただく事ができます。

▼合成動画の閲覧画面イメージ

導入事例2: 求⼈リソース向け履歴書動画制作ツール

クライアント:人材派遣会社様

既存の採用向けインターネットメディアと連携して、求職者がオリジナルの履歴書動画を生成・投稿できるツールを、『VIDEO GENERATOR』をカスタマイズする形で提供しました。
求職者が、同メディアサイトから動画制作フローに進むと、個⼈ID・企業IDなどメディア側が保有する情報が付与された状態で動画合成・投稿ができ、選んだ企業のみに履歴書動画を送付できる仕組みになっています。

求職者は、書類上では表現しきれない自分の魅力ややる気をPRできますし、採用企業は、面接前に応募者の特性をより詳しく把握でき、相互のマッチング度を高める事が可能になります。

動画のもつ情報伝達力を、採用の場でも活かすため、動画合成サービスを活用いただきました。
このように、文章だけでは伝えづらい情報を表現するのに、動画の利用シーンはさらに広がっていくのではないでしょうか。

▼利用フロー図

『VIDEO GENERATOR』を導入するメリット

前述の2つの事例において、『VIDEO GENERATOR』の活用により、以下のメリットを提供することができました。

① 短納期で提供!
動画テンプレート選択、編集、動画合成、メール送信までパッケージ化されているので、それを基にカスタムするだけ。短納期でも対応できます。

② ミニマムコストで提供!
基のパッケージをカスタム提供する形式なので、ゼロから作るよりもぐんと金額を抑えられます。ご予算50万円~で動画サービスを実現できます。

③ 他サービスと連携可能!
スプラシアが独自開発した動画合成エンジンはAPI提供も可能。他サービスと連携し、さらにリッチなUXを構築できます。


VIDEO GENERATORの使い方

動画フレーム(ストーリーテンプレート)が設置された専用サイトをご用意。
お好きな文字や写真をアップロードするだけで、オリジナルの合成動画が制作できます。

 

まとめ

このように、BtoB向けサービスや、採用シーンにおいても、動画合成サービスを活用いただくケースが増えてきました。
弊社の『VIDEO GENERATOR』を利用することで、より簡単に動画活用アイデアを実現いただけます。

動画の情報伝達力を活用されたい場面がありましたら、是非お気軽にご相談ください!!
弊社のノウハウを基に、提案・仕様選定からお手伝いさせていただきます!


前の記事へ 一覧を見る