• TOP
  • ブログ
  • Withコロナにおける展示会・イベントでのアンケートについて

Withコロナにおける展示会・イベントでのアンケートについて

2020年07月16日

 
新型コロナウィルスの流行によって、展示会・イベントなどは展示会は軒並み延期もしくは中止となり、業界を取り巻く環境は大きく変わりました。
この先しばらくはwithコロナをキーワードに新しい取り組み方を考えていかなければなりません。

展示会やイベントの復活の兆しも出始める中、今後のリアルイベントではどのような点に気を付けていけばよいのでしょうか。
Withコロナに向けて気を付けなければいけない点と、
弊社が提供しているiPadアンケート Anky(アンキ―)における対策について、ご紹介させていただきます。

withコロナ時代のアンケートについて

できるだけ人との接触を避けたい

新型コロナウィルスの流行により、それまでの生活様式から大きな変化がおこりました。
いわゆる「3密」といわれる密閉・密集・密接を避けなければならず、
大型の展示会やイベントはほぼすべて白紙の状態になりました。

徐々に普段の生活に戻りつつありますが、それでもやはり依然として、できるだけ人と密接するような空間は避けられる傾向にあります。
これはおそらく短期間ではなくある程度長期的に向けあっていかなければいけない問題となりました。
これからはwithコロナをキーワードに展示会やイベントを遂行しなくてはなりません。

できるだけ密を避け、人との接触を避けなければいけない状況下において、
企業のイベント出展における重要なKPIであるアンケートは、どのような形で運用するのがよいのでしょうか。

様々なことに注意して設計しなければなりません。

タッチパネルに触りたくない

弊社が提供しているAnkyはiPadを中心としたタブレットアンケートサービスです。
街の至るところでタッチパネル式、もしくはタブレットでのオペレーションが行われ、
それらで受付をしたり、お店で注文するときに利用したり・・と使用用途も広がってきています。

しかしながら、新型コロナウィルスの対策を考えると不特定多数の人間が触るタッチパネルや、
タブレットにはできるだけ触りたくないと考える人が増えてきました。

とはいっても紙のアンケートにする場合も課題は残ります。
どのように運用するかも検討しなければなりません。

非接触型の対応への切り替え

新型コロナウィルスの流行によって接客は出来るだけ距離を取り、接触を避ける非接触型の対応に
切り替えていく必要がある
中で、展示会やイベントはただでさえ人が集まり、
密が発生しやすい環境ですので、難しい対応が迫られています。

通常の準備にプラスしてコロナ対策を考えなければならず、時間も費用もかかります。
しかしこのwithコロナの時代はそれらを乗り越えていかなくてはいけません。

「Anky」はwithコロナに適合していきます

ヒアリング形式でのアンケート取得を推奨します!

このような状況の中で弊社はwithコロナに適合できるよう様々な施策を検討しています。

まずは単純なことですが、アンケートを取得する際はタブレットをお客様にゆだねるのではなく、
「ヒアリング形式」でのアンケート取得を推奨します。

新型コロナウィルス流行以前は、iPadをスタンドに乗せて設置し、お客様にタッチして回答いただくケースも多かったと思います。
しかしwithコロナの時代においては専任のスタッフがタブレットを手に持ち、お客様の回答内容を代行して登録してください。

そうすることでお客様も気兼ねなく回答いただけると思います。

タッチペンのご利用を推奨します!

もう1つの方法として「タッチペンの利用」を推奨いたします。

タッチパネルやタブレットの画面を利用終了時に毎回消毒するというのはあまり現実的ではないかと思います。
その点タッチペンなら、利用時に毎回消毒済みのものをお渡しすることが可能です。
ペンを消毒するという手間が発生しますが、ある程度の本数を用意しておけば、都度対応する必要はないかと思います。
費用についてもそれほど値が張るものでもありませんので、たくさん用意したとしてもそれほどコスト増にはなりません。
ぜひご利用をご検討ください。

例えば、タッチペンをノベルティにしてしまい、回答頂いたお客様にはそのままご提供する方法も
お客様にとってメリットがあるので、回収率も高まるかもしれません。

各個人の端末で操作できるよう計画中!

ご紹介した上記2点の施策は、用意したタブレットをお客様にご利用いただくという想定が前提にあります。
もう少し踏み込んで考えると、自分自身が日ごろ利用している各自のスマホやタブレットをご利用いただく方が、
より非接触型の接客といえるかもしれません。

弊社のアンケートサービスAnkyは現在iPadのみで稼動するよう作られておりますが、withコロナを見据え、
各個人のスマホなどでもご利用いただけるよう機能アップデートを計画中です。
元々スマホでのご利用についてのご要望も多くいただておりましたのでこの機能を実装することで
withコロナに適合したサービスになれればと考えております。
ぜひご期待ください!

※iPadはもちろん、iPhoneのレンタルも可能です。

まとめ

今回はWithコロナにおける展示会やイベントで気を付けなければいけない点と、弊社が提供しているiPadアンケート Anky(アンキ―)における対策について、ご紹介させていただきました。
まだまだ情勢はどうなるかわかりませんので準備するに越したことはありません。
弊社でもさらにご利用いただきやすくなるような施策をこれからも考えていきたいと思います。

弊社スプラシアでは、博展グループのノウハウが詰まった、展示会・イベント用iPadアンケート『Anky(アンキー)』を提供しています。

デジタルアンケートをご検討の方は、お気軽にご相談ください!

展示会・イベントにおけるリード獲得手段、選定のコツ

  展示会やイベントで、来場者の個人情報やニーズを取得しその後の営業活動に繋げることは、BtoBマーケティングにおいてとても重要です。 その来場者情報を取得する際、紙のアンケート、主催社が用...

前の記事へ 一覧を見る 次の記事へ